西園チグサの前世(声優)は雨宮ひまり!身バレ・炎上理由は?

西園チグサは、にじさんじに所属しているVtuberです。にじさんじ内のグループ「世怜音女学院演劇同好会」としてデビューしました。

Vtuberの中には、元々別のVtuberとして活動していたケースもあります。西園チグサもそのケースで、皆守ひいろというVtuberで活動していた雨宮ひまりが中の人ではないかという説が濃厚です。さて、なぜ中の人が雨宮ひまりではないかといわれているのでしょうか?

今回は西園チグサについて徹底的に解説していきます。

西園チグサの活動内容

西園チグサの2021年10月16日現在の登録者数は、20万人を超えています。ゲーム実況を中心に行っており、中でもFPSゲームが得意です。他にも歌ってみた動画は人気があり、10万回以上再生されているものがほとんどでした。

そして、西園チグサが投稿している動画で最も再生されているのがこちらです。

最初はポツンと一人でテーブルに座っていて、哀愁が漂っています。「行けたら行くは来ない」などと話しており、誰も来ないのではないかと思った視聴者もいたようですね。さて、一体何人集まったのかは、動画を見て確かめてみてください。

西園チグサの自己紹介動画の内容

西園チグサが初めて配信を行ったのは、2020年8月10日でした。その動画がこちらです。

配信では、方言を交えながら勉強中だという韓国語を披露していました。さまざまな言語が話せるのが、西園チグサの魅力です。多くの方言を話せることから「ハイブリッド方言」と呼ばれています。

西園チグサの口癖と特徴

西園チグサの特徴は、青い髪とイルカの髪飾りです。パーカーにはオリジナルキャラクターが描かれています。

なりきりチャットのガチ勢であることを公言しており、にじさんじのオーディションではやりたいことに「なりきりチャット」への熱い思いを詳しく記載したそうです。Vtuberからなりきりチャットの言葉を聞くとは、思いもしませんよね。

西園チグサの魅力は、何といっても抜群のトーク力です。1時間以上の雑談配信も視聴者を飽きさせないよう、面白いトークを披露しています。

西園チグサの中の人は「雨宮ひまり」と噂される理由3選

西園チグサの中の人だといわれているのは、雨宮ひまりです。雨宮ひまりは、皆守ひいろの中の人だといわれていた人物です。皆守ひいろは、ENTUMに所属してVtuberとして活動していました。

それでは、西園チグサの中の人が雨宮ひまりだといわれている理由について見ていきましょう。

声が似ている

西園チグサの声は、雨宮ひまりに似ているといわれています。それでは、二人の声を聞き比べてみたいと思います。しかし、雨宮ひまりは動画を非公開設定にしているようで、声がわかる動画がありませんでした。そのため、皆守ひいろの声と比べてみたいと思います。

まずは、西園チグサの声です。

続いて、皆守ひいろの声です。

特に笑い声が似ているように感じますね。

趣味が同じ

西園チグサと雨宮ひまりは、趣味も共通しています。その趣味とは「あんさんぶるスターズ」です。好きなゲームではなく、推しのメンバーも一致しています。

あんさんぶるスターズは人気のゲームではありますが、推しメンまで一緒だと考えると、同一人物である可能性が高くなりますね。ちなみに皆守ひいろもあんさんぶるスターズが好きだということを明かしていたので、この三人は同一人物であると見ても良いでしょう。

韓国語が話せる

初配信で韓国語を披露した西園チグサですが、雨宮ひまりも韓国語を話せるようです。

Twitterで雨宮ひまりは「韓国語を勉強している」という旨の内容を投稿していました。残念ながら、現在は雨宮ひまりのTwitterに鍵がかけられているので見ることはできません。

日本でもK-POPが流行っていることもあり、韓国語を勉強しているという人も多いですよね。そのため、韓国語を勉強しているということは珍しいわけでもありませんが、声と趣味の一致に加えると同一人物であるという可能性が高くなりますね。

雨宮ひまりの年齢・本名・活動内容は?

雨宮ひまりは、自分の個人情報をあまり明らかにしていません。しかし、年齢については雨宮ひまりへのリプライから推測することができました。そのリプライがこちらです。

2017年に、大学進学についての話をしていたことが予想されますね。そのため、2017年時点で高校生だったことが予想されます。1999年〜2001年の間に雨宮ひまりは生まれたのではないでしょうか?

雨宮ひまりの顔バレ画像はある?

雨宮ひまりは、顔出しの配信をしたり自撮りを投稿していたことはありませんでした。そのため、顔バレの画像は出ていません。顔を出してしまうと身バレをしてしまう可能性もあるので、雨宮ひまりは自分の個人情報を守るために気をつけていたのかもしれませんね。

西園チグサの炎上理由

西園チグサは、一度、歌配信で炎上したことがありました。そのときの動画がこちらです。

この配信で西園チグサは、Virtual to LIVEという曲を歌いました。この曲を歌ったことで、西園チグサは炎上してしまいました。Virtual to LIVEはにじさんじにとって大切な曲だったため「新人が軽い気持ちで歌うな」という理由で炎上に繋がってしまったのです。

これには西園チグサを擁護する声もありましたが、批判的な意見の方が多くありました。西園チグサもこの件については謝罪の音葉を述べています。

西園チグサまとめ

今回は西園チグサについての情報をご紹介しました。中の人といわれているのは皆守ひいろの中の人ともいわれていた雨宮ひまりです。同じVtuberとして、生まれ変わりを果たした可能性が高いですよね。声や趣味が同じことや韓国語が話せるということで、同一人物である可能性は非常に高いといえるでしょう。

ゲーム実況や雑談配信、歌動画など西園チグサの動画の内容はさまざまです。そして、どの動画も外れがないくらい面白いものばかりとなっています。さまざまな土地の方言が混ざり合った変わった話し方をする西園チグサは、聞いただけで誰の配信がわかるくらい特徴がありますよ。これからも西園チグサは独特な話し方をしながら、抜群のトーク力で面白い配信を続けてくれることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました