エリー・コニファーの前世は紅桜ゆと!身バレ・炎上理由は?

にじさんじに所属し、2019年8月にVTuberとしてデビューしたエリー・コニファー。2021年7月25日現在、YouTubeのチャンネル登録者数は14万人以上です。

癒し系ボイスで普段はおっとりとしているエリー・コニファーですが、ゲーム実況になるととてもアグレッシブになるんですよ!小動物的可愛さで人気を集めており、いじられキャラでもあるエリー・コニファーですが、実は中の人が篠笛奏者でもある紅桜ゆとなのではないかと言われているんです。

そこで今回は、エリー・コニファーの前世は紅桜ゆと!身バレ・炎上理由は?と題して、エリー・コニファーについて詳しくまとめました。

エリー・コニファーの活動内容

エリー・コニファーはバーチャル配信者としてYouTuberで配信をしています。基本的に生配信をしており、主にゲーム実況や雑談、歌枠を中心に活動しているんですよ。

普段は屋敷でメイドをしており、同じ屋敷に暮らすファミリーの旅行に付き添うことがあるので、他のVTuberよりは配信頻度は低めです。配信活動は妖精通信、ゲーム実況は夢の中での出来事と呼んでおり、配信内で起こることは身の回りで起こっている設定なんです。

初配信でも「プロすぎる」「わざとらしいのに萌える」と言われるほどロールプレイは完璧で徹底しています。リスナーから設定と言われることもありますが本人はこのようなコメントも受け入れており、エリー・コニファー自ら設定だと発言することもあるんです。

屋敷でメイドをしているため紅茶の知識豊富なエリー・コニファーは黒井しばの7万人記念のオフコラボでティーセットを持参し紅茶を振る舞ったことも。自身の配信でも紅茶を振る舞っているんですよ。

また、にじさんじみっくすあっぷという企画でバーチャル不動明王と言う称号も獲得しました!

エリー・コニファーの自己紹介動画の内容

エリー・コニファーは2019年7月29日にYouTubeチャンネルを開設し、2019年8月13日に初ライブをしています。

エリー・コニファーはメイドをしていることもあり、この配信内でリスナーに紅茶を振る舞ったあと、衣装の紹介や同期企画の絵しりとりをしました。初回の配信はここまででしたが、次に行った配信でタグ決めやマシュマロ返信、これからの活動についてを約1時間の生配信で紹介しています。

初配信では「にじさんじの数少ない清楚」、「5秒ごとに可愛いが溢れる妖精」、「期待の超新星」のようなコメントが多く、注目を浴びています。

また、にじさんじでは配信を重ねるにつれキャラが変わる人が多いのですが、エリー・コニファーは初配信時と現在でキャラに変化がなく、「プロ意識が高すぎる」と言われているんですよ。

エリー・コニファーの口癖と特徴

エリー・コニファーは口癖が独特だと有名なんですよ。

驚いたとき「はわわ」と言ったり、間違えたときや焦ったときには「およよよ」、ちょっと待ってという意味の「ちょちょちょ」など個性的なものが多いんです。

他にもマイクラ配信でよく聞く「とぅー!」はジャンプする際に使われたり、「はにゃー」「ふにゅー」「ほにょー」など鳴き声と言われるような発言も頻繁にしています。

ちなみにこれらの口癖は全て意図的に出しているそうで、発声練習を兼ねてリスナーにコール&レスポンスしたこともあるんですよ。

エリー・コニファーの中の人が「紅桜ゆと」と噂される理由4選

可愛い声に容姿を持ち、あざとすぎると言われながらも多くの人を魅了しているエリー・コニファー。

妖精や天使と言われることも多いエリー・コニファーですが、実は中の人が紅桜ゆとなのではないかと言われているんです。

では、なぜエリー・コニファーの中の人が紅桜ゆとだと言われているのでしょうか?その理由について詳しくまとめました!

紅桜ゆとと噂される理由①フルート経験者

エリー・コニファーはフルート経験者で、にじさんじ甲子園ではその腕前を披露しています。

そして、中の人と噂されている紅桜ゆともフルートを演奏していたことがあるんですよ!第8回タニタ楽器の管・打楽器ソロコンテストではフルートで金賞・優秀賞を獲得しています。

紅桜ゆとの実力であれば、エリー・コニファーがフルートを演奏しているのも納得ですね。

紅桜ゆとと噂される理由②メイド衣装とメイド好き

エリー・コニファーは、「登録者数3万人突破記念配信」で、メイドとしての仕事についての自身の思いを丁寧に述べています。

メイドとしての仕事に誇りを持っており、とても真剣に取り組んでいることがわかりますよね。

エリー・コニファーの中の人と噂の紅桜ゆとは大のメイド服好きだと有名なんですよ。なんと普段もメイド服で過ごすことがあるのだとか。

過去にはメイド文化を研究していたこともあり、エリー・コニファーがメイドとして活動しているのは紅桜ゆとの影響なのかもしれませんね。

完璧とも言われる言葉遣いも、紅桜ゆとの研究の成果とも言えるでしょう!ここまでメイド服への興味があるのは、同一人物である可能性が高いですよね。

紅桜ゆとと噂される理由③ステッカーの所持

エリー・コニファーは以前、配信中にiPhoneのカメラロールが映ってしまったことがあります。この際に、とあるステッカーが映り込みました。

そのステッカーというのが過去に紅桜ゆとが販売していたものだったのです。どうやら、販売者しか持っていないデータがエリー・コニファーのiPhone内にあったそうですよ。

事故で写り込んでしまった情報が紅桜ゆとの関係者しか所持していないものであったというのは、本人である可能性が高いですよね。

また、この際に自身の顔写真も写り込んでしまっていたみたいなんです。

現在、この配信のアーカイブは見ることが出来なくなっています。配信が見れなくなっているのはおそらく、ステッカーの情報や顔写真が原因なのだと思います。

アーカイブが非公開になっているということにより、エリー・コニファーの中の人が紅桜ゆとであるという噂の信ぴょう性が高まりますよね。

紅桜ゆとと噂される理由④同じタイミングで身近な人の訃報

エリー・コニファーは2019918日に同僚メイドが他界したと報告しています。そして、紅桜ゆとも2019年9月18日に母が他界したと報告していました。

このようなタイミングが被ることは少ないですよね。

母親と同僚メイドで少し情報は異なりますが、エリー・コニファーは設定に忠実なので同僚メイドと表現したのではないかと思います。

紅桜ゆとの本名・年齢・活動内容は?

  • 本名:紅桜ゆと(くおう ゆと)
  • 年齢:不明
  • 活動内容:篠笛奏者・アイドル

紅桜ゆとの年齢不明でしたが、誕生日は926日です。また、2014年には大学卒業していたと思われる発言をしていたので、現在は30代なのではないかと思います。

そして、CAVE GAZE WORLD、河越藩狐衆、KAN巫NAGI、といったバンド活動や、和太鼓アイドル東京おとめ太鼓というアイドル活動をしているんですよ。

世界初の3Dプリント篠笛を使ってスチームパンクの世界と和楽器の融合を目指して活動しています。

和楽器が大好きな紅桜ゆとは、和太鼓アイドルとして有吉反省会やFM西東京のラジオ出演に出演したことも。

現在は世間的にライブイベントが少なくなっていることや家庭の事情で活動は少なくなっていますが、以前から参加しているアイドルグループやバンドでイベントに出ていおり、紅桜ゆとの活動は続いています。

紅桜ゆとの顔バレ画像はある?

紅桜ゆとはアイドル活動をしていることもあり、素顔を晒して活動しています。

イチナナライブもしていますが、アイコンは篠笛を吹いている本人画像なんですよ。Twitterのアイコンも本人の顔がわかる画像です。

目は大きく、とても綺麗な顔立ちですよね。

エリー・コニファーの炎上理由

エリー・コニファーは中の人がバレてしまい、前世でのTwitterの過去発言によって炎上してしまったことがあります。

Twitterでの発言というのも、どうやら過去に政治的思想のツイートを頻繁にしていたそうなんです。このような発言は多くの人が炎上していますが、同じようにエリー・コニファーも炎上してしまったんですね。

その内容としては、とある人物の辞職を求める会合への参加や他国と問題になっている領土の名前を言い換えて発言するなど過激なものだったそうです。現在はこのツイートは削除されており、確認することができませんでした。

エリー・コニファーとのギャップが大きい発言が判明したことによって、多くのリスナーがショックを受けてしまい炎上しました。

エリー・コニファーまとめ

エリー・コニファーはにじさんじ所属のVTuber。設定を忠実に守っており常に完璧だと言われるほど、初配信から現在まで変わらないキャラを貫いています。

中の人は紅桜ゆとだと言われています。メイド服が好きなことやフルート経験者なこと、配信に移った画像が紅桜ゆと本人か紅桜ゆとに近い人物以外は所持できないものだったことから、このような噂が流れているんです。

過去に炎上してしまったこともありますが、どうやら前世の発言が原因のよう。その発言とVTuberとして活動しているエリー・コニファーのイメージのギャップが大きく、問題になってしまったんです。

いじられキャラでもありますが、天使や妖精と言われるほど常に可愛くロールプレイも完璧なエリー・コニファー。気付いたら惹かれていたという人が続出するほどの魅力を持っています。

これからもエリー・コニファーから目が離せませんね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました