勇気ちひろの前世(声優)は咲夢!身バレ・炎上理由は?

勇気ちひろは、にじさんじ所属のVtuberです。Vtuberは基本的に顔出しをしているので、前世が誰かわからないという方も多いでしょう。

勇気ちひろがどんなVtuberなのか、前世が誰なのか気になっている方もいると思います。

そこで今回は、勇気ちひろの活動内容や前世についてまとめてみました。

勇気ちひろの活動内容

勇気ちひろは、小学4年生の魔法少女です。

しかし、本来の年齢は18歳で、魔法の影響で小学生の体になってしまいました。

好きなことは話すことと銃を撃つゲームです。男の子っぽい趣味もあるんですね。

魔法を使えば、18歳の姿に戻ることも男性の姿になることもできます。

Vtuberとしての主な活動内容は、スマホゲームのプレイ実況です。

特に音ゲーの配信をすることが多く、腕前もピカイチで有名なんですよ。

元々スマホゲームしか配信していませんでしたが、クラウドファンディングでパソコンを購入したことをきっかけに、パソコンゲームの実況も始めました。

時にはR15のゲームもプレイするようですが、そのときは魔法の力で大人になっています。

勇気ちひろの自己紹介動画の内容

勇気ちひろは自己紹介動画を投稿していませんでしたが、YouTube初投稿の動画がこちらです。

TikTokでも流行っていた「じゃがりこ面接」をしていました。

この後はゲーム実況や他のVtuberとのコラボ動画を中心に投稿しています。

ミラティブのアーカイブの投稿が多かったので、もっと動画が見たい方はミラティブで検索してみても良いでしょう。

勇気ちひろの口癖と特徴

勇気ちひろには、多くの口癖がありました。口癖の一覧がこちらです。

  • 「にゃーにゃーにゃー」
  • 「おっけおっけ」
  • 「ブーーーン」
  • 「ちっと待って」
  • 「やったぜ。」
  • 「~ですよ/~ですわよ/~でやんす/~ござる」
  • 「だけれども」
  • 「おっぱい」

小学生とは思えない口癖もありますが、全体的に子供っぽくて可愛い言葉が多いですね。

勇気ちひろの特徴は可愛いロリ系の声です。ふわふわした可愛い声で、聞いていると眠くなります。

可愛い声とは反対に、述べられる鬼畜発言キレキレの切り返しというギャップが人気となった理由です。

そして、勇気ちひろは音ゲーでミスをすると「ぎゃああ!」と悔しがっています。

そのため、ファンからのコメント欄は「((^ω^≡^ω<ギャアアアアアアア」の顔文字でいっぱいになることもあるようです。

この顔文字が、ファンの共通認識になっているんですね。

勇気ちひろの中の人は「咲夢」と噂される理由4選

ロリボイスで人気を博している勇気ちひろですが、中の人は咲夢だと噂されています。

なぜ、咲夢が中の人だと言われているのでしょうか?

噂されている理由を4つ、ご紹介していきます。

声の使い方が一緒

勇気ちひろの声の使い方は、咲夢と一緒だと言われています。

勇気ちひろは魔法の力で年齢や性別問わず、さまざまな声を出さなければなりません。

中の人は、自分の声をコントロールしなければならないんですね。

咲夢も声のバリエーションには定評があります。

現在はアーカイブが残っていないため、咲夢の声を確認することはできませんが、「LisPon」や「ピカピカ」で配信活動を行っていました。

その当時から、咲夢の声のバリエーションに驚いていた方は多かったです。

好きな声優が同じ

咲夢が配信者として活動していた頃のTwitterのプロフィール欄に「声優はめぐさんが大好き」と書かれていました。

めぐさんというのは、林原めぐみのことです。エヴァンゲリオンの綾波レイや名探偵コナンの灰原哀を演じています。

そして勇気ちひろも、林原めぐみの大ファンです。

Twiitterのプロフィール欄には「林原めぐみさんは神!」と書かれていました。

どちらも同じTwitterに書かれていることもあり、咲夢と勇気ちひろは同一人物ではないかと考えられています。

配信慣れしている

勇気ちひろは、デビューから約3年間、特に大きな炎上がありませんでした。

そのため、中の人は配信慣れしている方だろうと考えられています。

咲夢も配信活動をしていた際、炎上したことはありませんでした。

どちらも炎上していないという共通点から、同一人物だと考えられているようですね。

しかし、勇気ちひろは2021年11月に炎上してしまいました。

なぜ炎上したのかについては、この後ご紹介していきます。

Vtuberをフォローしていた

咲夢は配信活動を行っていた際、Twitterも積極的に更新していました。

そのTwitterで、咲夢はVtuberのアカウントもフォローしていたようです。

当時からVtuberに興味があったのでしょう。

現在、咲夢のTwitterのアカウントには鍵がかかっており、どのVtuberをフォローしていたかはわかりませんでした。

根拠としては薄いですが、Vtuberに興味があったとすると実際にVtuberとして活動していてもおかしくありませんよね。

咲夢の年齢・本名・活動内容は?

咲夢はプロフィールを公にしていません。

そのため、年齢や本名はわかりませんでした。

しかし、誕生日は1月23日だと判明しています。

これはTwitterで、誕生日当日に「誕生日ありがとう」と呟いていたことでわかりました。

配信活動をしていたのは「LisPon」と「ピカピカ」です。更新頻度は週に1〜2回程度でした。

そんなに多くない更新頻度だったため、学生だったのではないかという推測されています。

咲夢の顔バレ画像はある?

残念ながら、咲夢の顔バレ画像は見つかりませんでした。それだけ個人情報の管理を徹底していたということでしょう。

それだけ咲夢は、しっかりした人だということがわかります。

勇気ちひろの炎上理由と活動休止期間

デビューから3年間、炎上をしていなかった勇気ちひろですが、2020年11月12日に配信された動画が炎上してしまいました。

その動画は、APEXのゲーム実況の生配信動画でした。炎上してしまった動画がこちらです。

動画内で、味方のプレーヤーからの「逃げろ」というチャットに対し「偉そうだから逃げるのは辞めておきます」と、勇気ちひろはプレーヤーからのチャットを無視しました。

この後もマルチプレイのマナーについて語っていました。その内容は、簡単に言うと敬語を使って欲しいということでした。これに対し、勇気ちひろが正しいと擁護する声もありましたが、動画には約40%の低評価がついてしまいました。

「偉そう」や「何様」と批判する声も相次ぎました。

一方、勇気ちひろは「もうこわれた」と投稿しています。

その後の呟きで活動休止を示唆するツイートもあり、低評価やコメントは勇気ちひろに対して大きなダメージを与えてしまいました。

そして、炎上した動画の投稿から約2週間後の11月28日に「お久しぶりです」のタイトルで動画が上げられました。

動画の説明欄には「罵倒の言葉などはやめていただけると幸いです」と勇気ちひろからのお願いが書かれてあります。

勇気ちひろ 炎上

楽しく配信活動を再開したいことが見てとられます。その後は定期的に動画の投稿をしているので、心はしっかり回復しているのではないかと考えられますね。

勇気ちひろまとめ

勇気ちひろについてだけではなく、中の人と言われる咲夢についてまとめてみました。

咲夢だという証拠はありませんが、声の出し方が似ていることと好きな声優が同じだということで、勇気ちひろの中の人は咲夢の可能性は非常に高いのではないでしょうか?

現在も勇気ちひろは、ゲーム実況動画を中心にほぼ毎日、YouTubeに投稿しています。ライブ配信も積極的に行っているので、興味がある方はご覧になってはいかがでしょうか?

炎上というトラブルもありましたが、現在は言動に気をつけながらプレイしているようです。ロリ系ボイスの可愛い勇気ちひろをぜひ応援してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました