しいちゃんねるの中の人(前世)は?顔バレ画像はある?炎上騒動や絵師も紹介

にじさんじの顔バレまとめ

今回はしいちゃんねるの顔バレについてまとめました。

しいちゃんねるはマインクラフトやフォートナイトなどのゲーム実況者です。

しいちゃんねるのYouTube開始時期は?

しいちゃんねるは自身のYouTubeチャンネル「しいちゃんねる」で2022年5月7日にマインクラフトのゲーム実況を配信しています。

しかし本当はそれよりも前にも動画は配信されていたようで、現在までに削除されています。

しいちゃんねるのプロフィール

  • 誕生日:2001年4月15日(22歳)
  • 身長:174cm
  • 出身地:岐阜県
  • 仲良し:かみかぜ(コラボ動画で共演している)

現在はマインクラフトがメインになっている動画配信も当初はフォートナイトがメインだったようで徐々に移行していったそうです。

しいちゃんねるの自己紹介動画の内容

しいちゃんねるは過去の動画を削除しているからなのか自己紹介動画はありません。

ですが2023年3月29日にはVモデルになったことを報告していて生配信をするときには動くイラストで配信すると言っていました。

しいちゃんねるの特徴

しいちゃんねるは今閲覧できるYouTubeチャンネル「しいちゃんねる」で見れる動画は2022年からで最近のものです。

しかし次のような特徴がしいちゃんねるにはあります。

キッズ

2017年から活動していたしいちゃんねるの動画の中で特に人気の高かったのが「キッズをボコす」というシリーズの企画動画でした。

もちろん本当に子供をボコすのではなく調子に乗ったアラシ行為・迷惑行為をするキッズをゲーム内で懲らしめるという企画動画でした。

この企画動画がキッズの行動に苛立った支持者達の間でバズり、しいちゃんねるを「キッズ狩り実況者」として高く評価しました。

かみかぜ

しいちゃんねるを語る上で忘れてはいけないのは同じくゲーム実況者の「かみかぜ」とのゲーム配信コラボ動画です。

かみかぜはボイスチェンジャーで声を変えその甲高い機械音の声を出すのが特徴でしいちゃんねるの相棒となって動画配信を盛り上げています。

しいちゃんねるの中の人はイケメンと言われる理由は?

しいちゃんねるについてはこれまでに多くのことが明かされています。

例えば、しいちゃんねるの本名が「しおん」であるということ、出身地が「岐阜県」だということ、そしてその姿を見た多くのファンが「イケメン」だと言っていることです。

リスナーはこれまでに何度もTwitterなどの公式サイトや、しいちゃんねるの仲良しゲーム実況配信者のかみかぜの投稿などから顔を見ています。

それを見たリスナーたちがこぞってしいちゃんねるの顔が爽やかなイケメンであると言っています。

しいちゃんねるは顔バレしている?

先程もご紹介した通り、しいちゃんねるはTwitterやかみかぜの投稿で顔出しを行っています。

その姿を見る限り目鼻立ちがくっきりとし、清潔感のあるイケメンだということが分かります。

しいちゃんねるのイラスト作成者(絵師)は誰?


しいちゃんねるのイラストは赤髪が美しく、水色の吸い込まれそうな瞳が可愛らしい男の子のイラストです。

このイラストはYouTubeのイラストはマコミックが、2023年のVデザインはモツ煮缶が担当しています。

しいちゃんねるが炎上したことはある?

しいちゃんねるは過去に次のような炎上事案を2度ほど起こしています。

ヒカキン

まず1つ目の炎上事案は、人気YouTuberのヒカキンを絡めた炎上騒ぎです。

ヒカキンが自身のYouTubeチャンネルの登録者数が1000万人になるまで生放送を続けるといった企画動画を配信すると発表しました。

すると、しいちゃんねるはヒカキンの登録解除をするよう呼びかけました。

しいちゃんねるとしては、ヒカキンチャンネルをすでに登録している人が一時的に登録を解除して、企画開始と同時に登録し直せばすぐに1000万人に到達すると考えたのです。

そうすればヒカキンの負担も少なくなると考えたそうなのですが、登録解除の呼びかけは批判を生む結果となり炎上する結果になりました。

とーま

2つ目の炎上事案は、人気ゲーム・ぷにぷにのゲーム実況者として有名なとーまというYouTuberとの炎上騒ぎです。

とーまはある時期自身の炎上事案がきっかけで活動を休止していた時期がありました。

その期間にしいちゃんねるは、ぷにぷにをプレイし活動休止中の、とーまのことをイジるような発言をしからかいました。

すると活動休止を不安に感じていたとーまのリスナー達が激怒し、しいちゃんねるが炎上する結果になりました。

以上、しいちゃんねるに関するまとめでした。

コメント